かけない

書いては消し、書いては消し、

日記の書き方を忘れちゃったらしい

 

始まりをどうしようか悩んで、

季節の話をしようか、気持ちの話をしようか、

悩んだ挙句どれもしっくりこなかったので、

わかりやすい始まり方にしてみた。

 

と、思ったところ、実は1年前の3月にも全く同じタイトルで同じようなことを書いていたらしい。

自分は自分なんだなあ。

紛れもなく、自分なんだなあ。

当たり前だけど。そりゃそうだけど。

 

 

この気持ちはなんだろう、って

春、って。すごいな、と。

恐るべし。谷川イズム。

そんなイズム受け継いでないんだけど。

特に意識はしてないんだけど。

 

最近は特に楽しいこともワクワクすることも悲しくなることもなく

いや、あるんだけど

事象はあるのに、気持ちは動かない、みたいな

ちょっとやそっとの刺激にゃあ慣れっこで

特別新鮮な感情にはならない。

 

この日記をたどっていけば、高校生の時分に書いたものも出てくるんだけど、

それを読んで思うのは、私は、汚れたんだなあ。ってこと。

 

今日の夕方、人の心を人種問わず見透けるんじゃないかっていう、

特殊能力をたぶん持ってる(たぶんっていうか絶対持ってる)人にあった。

その人には高校の頃すごくお世話になって、

この日記を始めるきっかけにもなった人で、

尊敬もしていて、好きな人で、

そんな人に久しぶりに会ったら、

ヘラついて喋ってる私がいて、とてもガッカリした

 

 

最近は自分にガッカリすることばっかりだ

 

 

ちょっとお金を使って物欲を満たすことによって生活水準を向上させてる気になったそんな私を正当化するっていう魔のループ

 

荒んだ部屋で戸川純を聴きながら携帯いじって

マウントとりにいってるツイート見て

私も、自分の道を突き進むでもなく

見ている人みんなに媚びへつらうような文章を書いて

好きな人たちとの妄想に興じ

肌寒い部屋の中で布団にくるまり

冷えてるはずなのに汗で湿った両方のつま先を重ねて

ため息をついてみたり

 

何に酔ってんだ、って

ガッカリしかしない

 

いろんな人に言われた

いろんな言葉が

私の頭の中を支配して

そうして新たな私が形成されていって

でもそんなの望んでないし

ダサいって思うから抗いたいけど

どうも縛られるよね、言葉の力たるや

 

強くありたいと、清くありたいと、

思っていた頃の私は、どこに消えたんだろう

どこに行っちゃったんだろう

そう思っていた頃の私に今の私を見られたら

ガッカリされちゃうのかな

 

するよなあ、きっと

 

えも言われぬ気持ちを文章に出来るほど

私のスキルが高ければいいのに

そうじゃないから逆に具体的なことしか言えなくて

そうなると直接的すぎて言えないことばかりだから

こんな時はどうすればいいのかなあって

もう1時だから起きてる人も少ないし

この日記に吐き出すしかないと思って書いてはみたけど

納得のいくものではないから

 

だから、なんか、

今日はダメな日だったんだきっと

 

それか、本当に書けなくなっちゃったんだ

 

そうだとしたら、これはこれはかなしいね

 

この日記を読んだ皆さんは、

私が高校生の時に書いた昔の日記を読んでくれたら嬉しいです

におい

小学生の頃は、好きな男の子の柔軟剤の匂い

中学生の頃は、シーブリーズ

高校生の頃は、SALAやマシェリ、ちょっとしたコロンとか


そんな匂いが好きだった


いまはあっさり、JILLSTUARTやGUERLAIN

オーデトワレとかオーデコロンって呼ばれる

いわゆる香水の匂いが好きになってしまった


CHANELChloeはまだもう少し慣れない

それがちょっとした救いだったりもする



こんなところにも

大人というものを感じる日が来るだなんて

思ってもみなかった




私は、

大人というものを意識し出した中高生くらいの時から、

世の中に蔓延るごく一般的な大人には絶対になりたくない、なるもんかと思いながら過ごしてきた


だって、彼らは、なんかダサい


遊び心も、感受性も、なにもかもが乏しくて

個人を尊重しようとしない

いつも見下されているような気がするけど

彼らはみんな一緒くたで個性がないんだ


大人は、みんな凝り固まっている

大体が頑固で、自分の信じるものだけにしか耳を貸さない


そんな気がしていて、

大人にはなりたくないってずっと思っていた



けど最近、自分自身に余裕がなくなってきて

ちゃくちゃくと一般的な大人へなっていっている気がする

もちろんそれはきっとお金の豊かさとかも関係してくるとは思うんだけど

高校の時に比べてみたら

まぁ毎日が楽しくない

まったく楽しくない

でも参加しなくちゃならない会議や打ち合わせはあって

そういう、社会の営みの一部とかに参加すると

とたんに大人の考えというものを押し付けられて

従わざるを得なくなる

っていうか、そうしなくちゃ自分の立場が危うくなるということを学ぶ


正直そんなのウンザリだし

抗いたい、くそくらえって思う

私はいつでも自分が楽しく、

余裕のある、子どものような思考の柔らかさと繊細さを持つ大人になりたいと常々思っているんだ

それなのに、まざまざと社会の厳しさを突きつけられる


こんなとき、どうしていいのか誰も今まで教えてくれなかった

みんな、こんな気持ちをどうしていいのか分からなくて見過ごすから

だから個性のない大人になっていくんだ


そんなのはやだ

将来自分が子どもを産んだ時に、

誇れない


私のお母さんはかっこいい

自分の人生を楽しんできたし

私の色んなことを尊重してくれる

気持ちに余裕があって、憧れる

私、お母さんみたいになりたい




私は私のしたいようにするし

やりたいことをやる


社会がなんと言おうと、

一人になってもかまわない

絶対味方はいるし

尊敬できる好きな大人だっている



もう20歳にもなるのにまだ子どもヅラしてるけど、

もうすこしゆるして欲しい


とりかえしたいの、

あの時の高揚感とか

楽しかった毎日を

私なら出来ると思うの



毎日楽しく幸せに暮らしたい


また好きな男の子の柔軟剤の匂いにときめきたい

かけない

あたし、もう、きっと、前みたいな文章、書けない

 

 

ショック

 

 

 

さむい

過去にこんなタイトルの日記を書いたかどうかも確認する間もなく、いそいそと、忘れぬうちに、とおもって書きだした

 

久しぶり〜!日記!

さみしかったね、ごめんね、日記!

 

こんな気持ちで書くのは本当に久しぶりだ

最近の日記は、(といっても去年ので止まってたけど)

書きたいから書く、じゃなくて、

書いておこうと思って書く、だったから

私の好きな、納得する日記ではなかった

いや、日記に納得も何もないんだけどね 笑

 

なんだか最近は、あまりにも、消化しきれないものが多い

わたしは、もっと、感性を豊かに、感覚を研ぎ澄ませながら、純粋に、繊細に生きたかったはずだ

過去の日記の中の私も、多分そう思っていて、

未来の自分はそうなれてる、と思っていると思う

 

このままじゃ、

何もかもが私を追い越して、

理解も消化もしきれないまま、

いろいろ感じている暇もなく、

急いで、慌てて生きて、

いつか、暑いも寒いも、

なにも分からなくなっちゃうんじゃないかと思う

 

なんでこんなに余裕がないのか、が理解できない

いままでの私にはどんな時でも常に物事を楽しむ余裕があったはずだ

どんなことにでも楽しさを見いだせていたはずだ

そこが私の、私自身の好きなところだったのに

 

 

この日記だって、もっと、書きたいことを書きたいんだ

こんな、泥まみれで汚い言葉じゃなく、

選び抜いた、極上の、一番ピンとくる言葉をチョイスして、

一字一句こだわりぬいて、時間をかけて、

やっとの思いで書きたいんだ

いつ読み返しても自分の繊細さに自惚れたいんだ

 

はあ、何が私をこうさせるんだろう

 

もっと、もっと、心が豊かな暮らしを送りたい

ホントはこの日記には幸せなことしか書きたくない

 

いつもフワフワしてたい

ニコニコしてたい

キラキラした毎日を送りたい

 

これが大人になるってことなの?

私は、大人になることから逃げているの?

物事が私を追い越しているんじゃなくて

私が物事から離れていっているの?

これは現実逃避、ってやつなの?

 

 

私のすべては、甘え、なの?

 

 

 

 

 

 

早く私はピュアな、無色透明な、

あの頃に

あの頃に戻りたい

 

やらなくちゃいけないこともあるけれど

たくさんたくさんあるけれど、

それよりも、

私の欲するものをまず手に入れたい

 

 

私は今、幸せになりたい

 

 

まだ遅くないはず

まだ取り戻せるはず

 

毎日が楽しかった、キラキラしていた、

心が豊かな毎日を送りたい

 

 

 

 

 

そのためにはまず、部屋を片付けるかぁ〜…

ひさしい

ひさしぶりの日記

おひさしぶり!鰤!ブリ!

 

あれ?書く事考えてたのに〜

 

とりあえず、今日のことを書こう

 

 

今日は打ち合わせがあった

自分の怠惰ぶりにがっかりし、反省した

本を読まなくちゃ、そろそろバイヤー

どうにかしたい、しなくちゃならない!

頑張るのだ、普段あまり頑張らないからダメなやつになるのだ、のだ、と思いつつ、台本を開く

ほんと、本読もう

ほん

ごほんごほん

 

 

そのあとは初稽古

ときめいた

どきどきした

とっぱじめからドツボ ウツボ

けど、

あたし、こんな素敵な言葉喋っていいのかな、ふさわしくないんじゃないかな

だって、きれいじゃないし、華奢じゃないし、雰囲気がないし、パッとしないし、声も低いし…

と思い、筋トレを始める

いつまで続くかわかんないし、痩せる痩せると言って結局痩せられない私だから、どうなるか分からないけど、

華奢な体で挑みたい舞台だと思った

 

演出のこけしさんは、とても可愛いらしい人だった

年上の先輩に可愛らしいとか失礼だけど。

発する言葉とか、タバコを吸う仕草がアンニュイだった

思想、とかよくわかんないけど、内側に秘める話を聞きたい、と思った。なんだこれ、レズみたい。きゃ!

 

華奢な体にするのよりもまず、台本を読む

どこまですり合わせられるのか、どこまで再現できるのか、どこまでどきどきできるのか、

心の底から楽しむための努力ポイントをさがす

 

か弱い今日の私では、これでは、まだ、やだ

 

 

 

暑さに耐えかねて扇風機を出す

 

まだ家に来て1年ちょっとのくまおは

(くまおって名前だけれど、犬です。でも見た目はキツネです。)

初めて見る扇風機の大きさに驚いたようで、

ものの陰に隠れていたけど、羽が回り出すと、

涼しさに魅入られたのか、扇風機の前を陣取った

今は私の太ももの上にあごを乗せて寝ている、身体がピッタリくっ付いている

ちょっとあっついよ。笑

 

 

 

ひさしぶりに書いた日記っぽいけれど、

実はこの間も書いていた、少しして消してしまったけど。

 

夜中というか、明け方、

ずうっと起きてTwitterを見たりInstagramを見てたりすると、

突然、救いようのない気持ちになる

「みんないなくなれ」って気持ちになる 笑

わかんない、本当にわかんないんだけど、

自分の怠惰さが招いた汚い部屋や、やらなくちゃいけないのにやっていないことの膨大さや、この体型や、カーテンの向こうの明るさや、周りの幸せさや、同い年の人が頑張っているという事実や、愛されたい気持ちなど、吐き出したいことが多すぎて、すんごく胸騒ぎがする

 

そんな時に少しでも誰かと話せればスッキリするんだけれど、起きてる人なんて1人もいないから、ただひたすら悶々とする

 

いや、わかってるんだ

自分がきちんとすればいい

頑張ればいい

それすらも出来なかったりするから、いつからこうなった?と思う

ここまできて全部過去のせいだし、努力できない

あ〜もう何もかもが嫌だ

 

ってなって、ここに全部書いた

 

後悔はしていないけど、スッキリもしなかった

釈然としない気持ちで寝た

 

でも朝起きたらそんな昨夜の事はすっかり忘れて、元気元気!ってなってた

ほんと、なんなんだろうか

 

そんなときは、

「あたしがもっと痩せて、華奢で可愛くなれたならこんなに悩まなくて済むのに」

って思ったりもする 笑

なんじゃそりゃ!そんなことよりも頑張らなくちゃならない事は山ほどある

 

 

明日はバイトだ

もう寝なくちゃ

 

 

あ、上海レポート、まだ途中だった

稽古も始まった

もう少しで誰もいなくなるし、

あれもこれもある

ダラダラなんてできない

頑張ってる人がいるし、

こんな私じゃとても応援なんてできない

ダメだダメだ!頑張るんだ!

 

 

どきどきする!

 

 

ない

題名にも、こだわらなくなった

書くことも、ない


最近はちゃんと楽しい、こともある
虚無はいまだにあるけど、
予定があればうきうきする
その時、その時間をちゃんと生きてる気がする

あ、でもそうやって言ったら
今までが死んでたみたいで病んでますアピールしてるみたい 笑

まあ、そう、でもなくもな、くもない
って感じだ


今日のテレビは、
震災の特番でびっしりだった
「4年がたった」とみんな騒いでいた

でもみんな、4年がたった「から」
騒いでいる気がした

被災地にいるわけではないけど、
毎日震災のことを思い出して、
毎日心から復興を祈って、
毎日被災地のために何かをして、
ってやってる人は、少ない

でもみんな、
黙祷をして、
被災地に思いを馳せて、
被災者の言葉に心を痛めて、
特番を悲しい気持ちで見ている

よくわからない

「未曾有の大震災から4年が経ちました」
ってレポーターに言われても、
どんな顔で、
どんな気持ちでそれを聞けばいいのか、
正直わからない
なんて思えば正解なのか


どんな姿勢で、震災があったことを受け入れるべきなのか

毎日祈るのが正しいのか、
たくさん募金をするのが正しいのか、
普段は忘れてても4年という区切りの日だから黙祷だけはするってスタンスが正しいのか、
まさにいま被災地に飛び立って復興を手伝うのが正しいのか、
特番も見ずに黙祷もせずに知らんぷりするのが正しいのか、
心を痛めて涙をながすのが正しいのか

どうするべきなのか、わからない


「反原発」って言葉も、
よくわからない

色々問題があったのはわかる
原発の恐ろしさもなんとなくは理解している
このままじゃ危ないのも感づいている
もっと地球に優しいエネルギー資源があるのも知っている

だけど、何かがわからない


大人たちは、自分に利益があるように、いい風に、私たちに教える
不利にはならない方法を知っている
本当の事を教えてくれる人はいない、

気がする


これらは全て、
私が甘ったれてるから、頭が悪いからそう思うのかもしれない



頭のいい人にならなければならない
バカ正直では、生きていけない



今日のテレビ欄からは、そんなことを学んだ

気がした

めんどくさい

女になった
めんどくさい女、なった、気がする
というか、なった


久々の日記

近頃は、
ステキな、
自分で納得のいきそうな日記が、
書ける気がどうもしなくって
書いてなかった

色々なことがあった
本当はすべてここに書き留めておくべきだったんじゃないかと思う
今になって


なんだか最近、感受性が乏しくなった気がしてならない
感情も、振り切らない
楽しいことも、
悲しいことも、
わくわくすることも、
なんだか、すべてそこそこ

楽しいんだけど、だけど、ホントはどうかわからない

日常を切り取って見てみると、実際に心の底から楽しんでるのは分かるんだけれど、全体を見据えると、よくわからなくなる

(なので、最近の私と時間を共に過ごした方々に誤解しないでいただきたいのは、
一緒に過ごした時間が決して楽しくなかったわけではなく、むしろすごく楽しかったんだけれど、同時になんだか虚無があるということなのです
そう、それがいいわ、虚無なんです、なんだか、虚無感が常にあるんです、でも楽しんではいるのです、だからよく分からないのです)


そこそこな気分たちとは裏腹に、
不安とか、緊張とか、心配は、
ものすごくたくさんある


あ、心の揺れを無視することにしてる、みたいな感じ
何かをきっかけに、わざと、そうした方が疲れないから、無視することにしよう、みたいな

でも、それは、そんな感じがするってだけで、確証はない


今週、私は高校を卒業する
その時、なにか、悲しみみたいなのは感じることができるんだろうか、わからない
だけど、ふっとした瞬間、とてつもなく寂しくはなる


自分がせわしなく、でも怠惰に、意味のない毎日を過ごすことによって、ごまかそうとしてるなにか、
そのなにかは自分でもわかってるんだけど、
向き合いたくない



私は、お葬式、という儀式に参加したことがない
犬はある、でもそれはお葬式じゃない
たぶん、犬と人は違う

人が死んでるのを見たことがない

ちゃんと、悲しくなれるだろうか、その人のことを思い出せるだろうか、向き合えるだろうか、
不安



今日も私は、
というか、最近の私は、アホみたいに、
緊張して後悔して嫉妬して虚無になって謝って落ち込んで怒って寂しくなってってやってるけど、
それってめんどくさいヤツのやることで、
でもそれを自分でも分かってて、だからなおさらめんどくさくて

そして挙句の果てに、
どこか楽しみきれてない、気がするから救いようがない

前の私みたいな、楽観的に、あれはあれ、これはこれ、みたいな、今やることだけに集中して、楽しみきる、みたいな、そんなのがない


こんなんじゃ、いつか、私の周りには誰も居なくなるんじゃないかと思う

だから、向き合うべきことに向き合わなくちゃいけない
そんなのは重々わかっている


ピアスホールは毎日グズグズだし、
洗濯物も溜まっているし、
体重も減らないし、
会いたい人には会えないし、
面白い事言えないし、
部屋は汚いし、
テレビもみたくないし、
楽しんでる筈なのに楽しめてる気がしないし、
寝れないし、

いいことない


感情、豊かになりたい
わたし、むかしは豊かだった

いつからこうなった?

誕生日もクリスマスも、
前の晩は寝られないくらいワクワクしていた

いまはもうなんとも思わなくなってしまった

遠足だって、修学旅行だって、
何回も何回も荷物の確認をして、
前の晩は目が冴えて、
しおりを読み返して、
一大イベントだった

今はもう、
卒業も、バイトの面接も、旅行も、
なにも思わない、いや、実感がわかない
よくわからない

凹凸のない毎日にしてしまった
私はアトラクションみたいな毎日を過ごしたい筈なのに

なにも、微塵も、わからない

そんなこんなでもう5時
この時間にもなんとも思わなくなってしまった
早いとも、遅いとも、なんとも

かなしい