ながい

前回は、「おもい」なんてちょっと大それたようなタイトルをつけちゃって、
今更ながら少し恥ずかしい。
いわゆる「思い」ってやつだけど、なんていうか、そんな深い信念的なものではなくて、もっと軽い、「思ってること」みたいなぐらいでつけた筈なんだけど、
どうも小っ恥ずかしい。

そして、いいタイトルが思いつかなかったから、一通り書き終わってからタイトルのところに戻ってみて。
「ながい」 です。
今回はながいです。飛ばして。ビューン。

最近はTwitterにいろいろと書いていて、
(っていうけどなんだか批判的な内容ばっかり。私、ひねくれちゃったんじゃないかと思う。)
なかなか日記には来られなかった。

ああ、こうなると書きたいことがいっぱいあるなあ。
まず何から書こう。

あ、関係ないけど、
嘘をついてる人ほどよく喋るっていうじゃない?
私は、うーんと、嘘をつくとか、そういうことがあったわけじゃないんだけど、
その、公式?みたいなのを知っているから、何かごまかそうとするときはできるだけ喋らないよう心掛けたりするんだけれど、
もしそれが、自分が何かをごまかしたい場合じゃなく、
相手の誤解を解きたい場合になると、
とたんにもうベラベラ喋っちゃいそうになるの。(まずもうこの話を始めた時の前置きがそうだよね)
別に誤解されてようと、他人にどう思われていようと気にしない、みたいなカッコイイ考え方が出来るといいんだけれど、そんなことできなくて、なんだか、自分の小ささを感じる

あーあ。と思う。


昨日の授業で、卒業文集とやらを書いた。
あ、まだ正確には書いてる途中なんだけれど。

あと数日登校すれば、というか、今週学校に通ってしまえば、もうほぼ登校する日はないから、もう卒業が本当に間近らしい

多分、卒業式を迎えて、改めてってここに書くことは絶対ないと思うから、
(なぜなら、この日記は、イベントごとに何かを書いてるんじゃなくて、日常生活でなにか思ったことがあった時に書くものだから)
いまのうちに少し振り返ってみたりしようと思う

と言っても、ここで私が
「中二の時の、人気HIPHOPグループのくだり、おもしろかったなあ」とか
「五年の時の大転校笑ったなあ」とか言っても
これは私と友達の青木さんにしか伝わらないわけで、内輪ネタにもほどがあるからやめておく

いやいや、そういうことじゃなくて。

ああ、もうなにを書きたいか分からなくなった。

まあいいや。

その卒業文集とかってのには、今の私がこの、この瞬間感じていることを書きたいと思った。
その方が何年も後に読み返した時にもっと懐かしさを体験出来ると思った。


と、書いていても、本当に自分の文才の無さには呆れる。

この間、久々に本を読んだ。
なぜだか最近、近くにはあるのにあんまり本を読めてなくて、久々に読んでみたら、自分のボキャブラリーのなさにがっくりきた。

なんとも言い表せない気持ちを、綺麗で、それでいてハッキリと伝わる言葉にしているのって、すごいことだなあ、と思った。

だって今こうやってモヤモヤしながら書いているこの気持ちを言葉で表現しろって言われたって、
「綺麗なガラス玉が〜」とか
「暗雲の立ち込める〜」とかって言葉、絶対出てこないもん。

すごいなあ。

なんだか今日は不甲斐ない結果に終わった。
別にイヤな気分になったわけではないからいいけど、
やっぱりこの日記というのは、書きたいことを溜め込んだら書けないものなのね。
Twitterに小出しにしたりだとか、むしろやりずらくなるばっかりだった。

あああ、なんというか、ハッキリとしない。

私はなんて中途半端なところにいるのだ。
ああ、普段、のだ、なんて言葉使わないのに。
格好をつけてみたかったのか、なんなのか。

時々、というか、よくこんな気分になる。

あ、そうそう。よく、Twitterだとか日記だとか、私が発信している言葉を読んで「病んでる」とか言う人いるけど、
それは違うのよ。

「病んでる」だなんて。失礼しちゃいますわね。

私はただ、毎日の生活の中で思ったこと、考えたことを書いているだけ。

誰も1年365日ずっとずっとウキウキしてるひとなんていないでしょ?
毎日を楽しんで暮らしたいとはどれだけ強く思っていても、自分の中にある様々な疑問について延々と一人で討論したりするでしょう。まあ、それ以外にも。

私はそれを記録して、後で読み返して、
おもしろい、と思いたいからこれを書いているわけであって、
なにも「病んでるアピール」をしたくて書いてるわけじゃないのよ。

まあ、どうでもいいっちゃあどうでもいいけどね。
「病んでる」と思うなら、そう思っててもらっていい。

あ、これってひょっとして私の憧れるカッコイイ考え方、ってやつじゃない?笑
でもさ、こうなるとまた、少し違うよね。笑

おもい

今日、お出かけをして、帰り道。
「世界で起こっている事件や災害などの責任を自分に感じないのはなんでなんだろう」
と、ふと思った。
そして、
「自分は自分、他人は他人、と、しっかりとした、冷めた境界線を引いたのは、いつなんだろう」
とも思った。

私は自分のことを何も知らない

マンションの階段をのぼりながら、
「この高さの目線で階段をのぼって、どれくらい経つんだろう。」
「私が小学生の時になくした家のカギはどこにあるんだろう。」
「今うちで飼っている犬はいつからいる?」
と、たくさんたくさん疑問が出てきて、
その答えはどれだけ考えても出てこなくって、
どうしようもない

チーズケーキが食べられるようになったのはいつ?
唇に色をつけることを知ったのはいつ?
体裁を気にするようになったのはいつ?
テレビを消しても止まっててくれないと知ったのはいつ?
映画を最後まで見れるようになったのはいつ?
他の人の話を面白いと思って聞けるようになったのはいつ?
石焼き芋屋さんの芋を最後に食べたのはいつ?
スパゲティって言えるようになったのはいつ?
「いつかね」とか「今度ね」とかって言葉を信じなくなったのはいつ?
本音と建前を知って、使うようになったのはいつ?
男と女の違いを知ったのはいつ?
悪口を言うことを覚えたのはいつ?
初めて誰かを好きになったのはいつ?
バスの乗り方を知ったのはいつ?
歩けるようになったのはいつ?
喋れるようになったのはいつ?
私が大人になれるのはいつ?
私は、なに?

来月で18歳
18歳はおとな?こども?
いくつになったらおとな?
いくつまでがこども?

全くわからん。
自分の事さえもこんなにわからないのに、
よくある、好きな人や大切な人のすべてを知りたい、なんて無理な話だ

これらのわからないことすべてに対して、
スケジュール帳あるいは日記を開いて、
「スパゲティって言えるようになったのは〇年〇月〇日の○○時○○分ですね」
とかって言えちゃうのは、それはそれでナンセンスだけど
っていうか、こんな疑問を持つこと自体がナンセンスなのかもしれない

なにもかもわからないけど、
思い出はある。

さっきあげた例、全部に思い出はある。
いつなんて、なんでなんてわかんないけど。

もしかしたら、生きてるのって、
何かを達成する、とか、誰かの役に立つ、とかってことじゃなくて、
思い出をできるだけたくさん作るために、そうして、生きたりしてみてるのかも

だって、そうだもんね
やりたいこととか、成功させたいこととか、携わりたいことって、結局は、思い出だもんね

問題は、
いかに、いつまでも新鮮に、鮮やかなままで、思い出したい時に簡単に鮮明に思い出せて、って、どうしたら永遠に心の中にとどめておく事ができるか、ってことだね

だから、
ハイテクノロジーだとか、いわゆる、科学の進歩なんかじゃないんだよなあ

あたらしい

おおっと!いきなりの5文字だ!
ついにネタ切れで3文字の枠を超えたか!?

と、お思いでしょう?

違うのです。
確かに3文字の枠は超えました
が!これには理由があるのです!

なんと!わたくし!
はてなブログのアプリを入手いたしましたのです!
もういちいちブラウザで開いて書かなくて良いのだと思うと!
テンションが上がって!!

新しい門出にふさわしく、
5文字のタイトルを付けさせていただきました。

さて、今日のお話。

お友達に誕生日プレゼントを買いました。
わりとあっさり決まりまして、
多分喜んでもらえると思います。

でもあの人と、あの人とへの誕生日プレゼントはまだ決まってなくて、
そろそろ焦りつつあります。

焦るといえば、ほかにも。

もろもろありますが、まあ、それは置いといて。


最近、アメリを観ました。

好きだと思ったものにはすぐ感化される私は、
今日のこの日記も、好きなものと嫌いなものについて書こうと思ったりして、
や、それはいいや。

とにかく、アメリを観た日からずっと、
ふわふわきらきらした気分で、
(観てまだそんなに経っていないんだけどね)
なにか、楽しいことをしたい気持ちが止まらなくて、
大変です。

とにかく、すきで、すきで、たまらなくすきになりました。

あれは、もはや、恋だ、といっても過言ではないくらい!




言いすぎたかも。


話は変わります、寒さと目の悪さについて。

さっき、コンタクトをとってから、
お気に入りのパジャマのズボンを履こうと思い、パジャマ置き場に取りに行ったところ、
そのお気に入りのパジャマのズボンがなくて、
寒さと対決をしながら色々探してみたんですが、
目がぼやけてるから、よく探せなくて、
結局諦めて、どうでもいいスウェットを履きました。

寝るときのテンションがちょっと下がりました。


最近、部屋の電気の明るさが、
勝手に一段階増えてしまいました。
電気をつけてしばらくすると、
急に明るくなるので、
寝っ転がっているときは眩しくて、
ちょっと困っています。



楽しいことをしたい。
したいことをしたい。
ほしいものがほしい。
きりがない。


この日記を楽しみにしてくれているって人が、
まえに聞いたよりも増えてくれていました。
すごいことだ、と思いつつ、恐縮しつつ、緊張しつつ、感謝します。


今日は久々にお絵かきをしました。
全部メモ帳の裏に描いたものだけど。
これも全て、何かになればいいのになあ。


今一番欲しいもの、才能。


いつ手に入るのか、目処すらつかないから。
予約機能とかあればいいのに、
ないから、なあ。

気長に、でも出来るだけ早めに。

ないものねだり!

いづい

Twitterにいろいろ書いてたんだけど、
やっぱりモヤモヤしてここに

いづい、なのか、いずい、なのかわからんなぁ
まあいいや

もはや書く気力も少しなくなってるんだけど

っていうのは、この日記を書くには、
それなりに疲れたりするし、時間もかかるしで、
なかなか手間がかかるんだけど、
そんな感じなのに、
ログインしなくちゃならなかったり、
キーボードがおかしくなって文字が打てなかったり、
誰かに話しかけられたり、
時間に追われたり、
トイレに行きたかったり、
寝ていた母が起きてきたり、
すると、
とたんに疲れて書く気がなくなってしまう

思ったことは新鮮なうちに文字にしたいので


でも書いてる間になんとなくやる気が出てきた

書こうと思う


私は、なぜか周りの人と何かしらで差をつけたくて
流行りの格好はしなかったり、
みんなが聴く音楽は聴かなかったり、
持ち物はかぶらないようにしたり、
している

なんで周りの人と差をつけたいのかはよくわからないけど
きっと、小さい頃の教育が影響してるんだと思う
ずっと前から、
「あんたは周りの子とは違うんだよ」
と言われて育ってきた


たしかに、小さい頃の私は、
生意気に、ヒステリックとかの服を着てたり、
むちゃちゃの服を着てたりして、
周りの幼稚園生の子とは全く違っていた

その教育が良かったのか悪かったのかはわからない

いまだに、周りの子とは違うんだ、と、
どっかで強く思っていて、
別に、蔑んでたり、バカにしたりしてるわけじゃないけど、
大衆や、一般や、普遍や、平均とかとは
一つ離れたところにいたい、と思っている

私のかわいいと思ったものとかを
「これ、詩映莉って感じするよね~」とか
「詩映莉だから似合うんだよ~」とか
「詩映莉っぽ~い!」とか
って言われたりするとすごく嬉しいけど、
あんまりかわいいと思ってなかったりダサイと思ってたりするものに、
さっきみたいなことを言われると、
気分がどん底になる

正直、
「この人には私はまだこんなイメージなのか。よし、やりなおしだ。もっといいイメージを植えつけさせよう。」
とかって思っちゃったりする。

もしかしたら性格が悪いのかもしれない

まぁべつに、それならそれでいい


いま、ここに打って、消した文章は
さすがに言っちゃダメかな、と思って消した

世間体を気にした


やっぱり、こういうところは周りの人と一緒で、
さっき言ったみたく、
人と同じものを着たり、同じ音楽を聴いたり、同じものを持ったりする人達、を、
完全に否定できるような生き方は、
私はまだ出来てなくて、
それなのにこんな生意気なこというのか、って、
うんざりするけど、
実はまだまだ、周りの人達と差をつけれていない

だって、Let It Go覚えたもん
ミモレ丈のスカート欲しいと思っちゃったもん
キャンメイクのチーク、ポーチに入ってるもん

まだまだすぎる

だめだめだ

ゆるゆるだ


お恥ずかしい!!!

さむい

こないだの日記で「ねむい」が二回目の登場だったから
もうこうなったら一回出たやつもう一回使っても、
別にいいんじゃないかと思って、
2回目の「さむい」です

でも、前に書いた「さむい」とは
違う「さむい」だから、
これはこれでアリなのです

でも、同じタイトルの記事がある日記なんて
あんまりないよね
おかしー。


そうそう
最近、めっきり寒くなって
っていうのも、雨がすごくて
でも雨のことは別に嫌いじゃないから
イヤってわけじゃないんだけど、
さむくて

朝、玄関を出て空気を吸うと
冬の匂いがしてくるから、
「あ、誕生日が近いな」と思いつつ、
(ちなみに12月。まったく近くない。)
自分の持っている手袋の柄が頭に浮かんできて、
いろいろと、ムズムズすることを思い出す

あの感じはなんとも言えない

昔の、
っていっても17年間の記憶しかないんだけど
それでも私にとっては懐かしいことで、
それはつい5年くらい前まで通っていた小学校でのことだったりするんだけど、
なんとも言えない、ムズムズした、懐かしさがある


ところで秋はどこにいったんでしょうか?


最近、幸せなことが多い
具体的になに、とはいえない
とにかく充実していて、楽しい、幸せである


イタリアだか、どこだかのチョコレートがすごくかわいい
チョコレートの入っている缶もとてつもなくかわいい
テレビの通販でやっていた、いま

かわいいのはいいことだと思う
かわいいというだけで見てられるし、
なによりも、癒しになる

せっかく女の子にうまれたんだから、
少女時代なんだから、
女の子らしく、かわいく生きていたい

でもそれを恥ずかしいと思う気持ちもあって、
実際女の子らしく生きたいと願ってはいるんだけど、
じゃあいざ、
かわいい、とか、
女の子みたい、とかって言われると、
とたんに恥ずかしくなってどうしようもなくなる

ちぐはぐで、じゃじゃ馬で、気まぐれで、
自分でも自分がわからない、わかっていない、
わかろうともあんまりしていない


自分で自分の事を名前で呼んでしまうクセを
もうそろそろどうにかしたい

ぽろっ、とでる

恥ずかしい


最近、私の中でのこの日記のイメージが
ピンク色になってきた

影響されすぎている、よくない、はず
でも、それもまた心地が良くて、
このままでもいい気がしてきた


17歳、9月、ちょっとさむい
毎日たのしいです

ねむい

タイトルのルールを守ったら「た」抜き言葉になってしまった!
そして打ってから気づいたけど、
もうすでに「ねむい」ってタイトルの日記を書いていた!
一周したってことか、まあいいや

お昼ご飯を食べて、お腹がいっぱいになったら眠たくなって、ベッドに仰向けに寝てる
仰向けに寝ながらアイスを食べていて、これを書いている

ご飯を食べてすぐ横になるから太るんだと思う
というのは分かっているはずなのに、
現に今こうやって寝っ転がって、
しかもアイスまで食べているのだ

どうしようもない

寝っ転がってアイスを食べるなんておかしい、って思ったけど、
このアイスのCMは寝っ転がりながら食べていたから、
こうやって食べるのがあるべき姿なのかもしれない


「チョコレート使用」とか
「生クリーム使用」とか
よく見るけど、
〇〇産ってつくだけで、どうしてああも高級感が出るんだろう
ベルギー産チョコレート使用」とか
「北海道産生クリーム使用」とか
ただ産地が書いてあるだけなのに、
ブランド力ってすごいなあ、と、アイスのパッケージを見て思う

一時間ほど前に起床して、ご飯を食べて、もはや眠たい

なんたる自堕落!


こんなどうしようもないただの日記を、
好きだ、と
ファンだ、と
楽しみにしている、と
言ってくれる人は何人かいて、
すごくうれしくて、
鼻の下が伸びる

私にしては長続きしている方だと思う
すごいと思う
ここまで何かを続けたこと、今までないんじゃないか


と打っている間も、
とにかくミスタッチが多い
困る
(この困るも、こまゆ、と打ってしまった)

ああ、どうしようもない

でも別に落胆しているわけじゃない

毎日楽しいし

好きなことだってある

やらなきゃいけないことは沢山あるけど

まあそれは置いておいて

へへへ!


「〇〇じゃないんじゃない!?」
って言葉、よくわからないよね

ねむたい

かゆい

髪の結び目が、かゆい
急にといたから、かゆい
つっぱってたものがゆるんだから、かゆい
決してシラミとか頭皮湿疹とかではないわよ

同じ曲がずっと頭に流れてるってこと、あるよね
今の私はサムライソウル
♪さむらいそーうる えいえいおー


えいえいおーじゃねー!笑
ってね
別にそんな気分ではないのに
なんでこの曲なんだろう


夏が終わったらしい
今朝は寒かった。もう秋が訪れた。きっと。

もう夏の切なさにはしばらく会えない。
夏は切ない。

半袖もポニーテールも自転車も野球もチャイムも声も太陽も汗も花火も盆踊りも浴衣も裸足も海も岩場もフナムシも風も青も白も向日葵も紫陽花も雨も蛾も

これからしばらくは見なくなる

見なくなったな、と思った頃には雪が降り始めて、
冬になる。

冬を楽しんでるうちに夏が恋しくなる。
夏の切なさが恋しくなる。
恋しさが限度を超えるくらいになった時に雪が溶け始める。
また夏が来る。

夏を楽しんでるうちに冬が恋しくなる。

冬の切なさは、今は思い出せない。


髪の毛を切りたいと思った。
友達にはショートヘアーが好評だった。
だけどロングヘアーが好きだと言ってくれる人もいる。

次の次、飽きたな、って思ったら
バッサリ切るのも検討しよう

それまではもう少し、長いままで

でもどっちにしろ、毛先は切らなきゃならないので、
美容室に予約をしなければならない。

しよう。


へへへへ!オマージュおまんじゅう



眠たいので、寝ます。おやすみなさい。